スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身長を伸ばす方法は食事から

身長を伸ばすための基本は食事です。日本人の平均身長がグングン伸びている今「遺伝だから」「成長期が過ぎたから」と何もしないで居たら10年後にはもっと差が付いています。身長の伸ばし方として誰でも思い浮かべるのがカルシウムがあると思います。

しかし、一日に摂取できるカルシウムの量は個人差がありますが、ある一定の量です。その他必要な栄養素はタンパク質、マグネシウムなどとなります。背の伸ばし方として、限られた食品だけで身長が伸びるということはありません。好き嫌いをなくし、様々な食材から、バランスよく栄養を取る事が一番効果的と思います。

食事をバランス良くとり、一定の時間に寝起きし、起きたら朝日を浴びるなど、自律神経によい生活を送ることが、自然に身長を伸ばすよい方法ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 男のヘルスケア・ビューティー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

いぼ痔の原因と症状

いぼ痔は、痔のなかで最も多く、男女とも患者の半分以上を占めています。
いぼ痔は、通常自律神経がある肛門粘膜で発症するために痛みを感じません。その為、いぼ痔は、出血や脱肛で初めてその症状に気付くことも多いです。肛門周辺の粘膜の下には、血管が集まって肛門を閉じる働きをするクッションのような部分があります。肛門への負担が重なると、クッションを支える組織が引き伸ばされ、クッション部分が大きくなり、出血したり肛門の外に出たりするようになります。これがいぼ痔です。痔核には出来る場所により、直腸側にできる内痔核と、肛門側にできる外痔核があります。 また、内痔核が大きくなって脱出するようになると肛門側の痔核、つまり外痔核を伴って内外痔核という状態になることもあります。症状としては、こぶが大きく育って、排便時に脱出した状態を「脱肛」といいます。脱肛になると痔核が肛門をふさぎ、便が出にくくなります。このような状態を放っておくと腸の動きが不順になり、痔がさらに悪化します。

痔の原因
腸内環境の乱れは便秘を引き起こします。排便を我慢したり、運動不足、栄養不良、水分不足などが続くと、便を送り出す腸の蠕動運動が衰えて便秘になります。便秘が習慣性になっている人は多く、3人に2人は習慣性といわれます。便が長時間腸の中に滞ると、これをエサに悪玉菌が増殖します。悪玉菌はアンモニアやメタンガス、硫化水素を発生させます。その毒素が腸から吸収されて、痔をさらに悪化させます。

テーマ : 男のヘルスケア・ビューティー - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : いぼ痔

痔の悩みは

の悩みは男性だけに限らず女性にも多い一般的な悩みです。一般的な病気なのに、人にはなかなか言えない、そんなの悩み。の病気に悩まされている人は、アンケートの調査で成人の人の「3人に1人」とありました。しかも、ドイツの研究での原因となる「核」を持っている人は、70%にも及んでいたそうです。ただ、と言っても正式は20種類以上のものが総称が「痔」と言われておりが、主に「いぼ痔(痔核)」、「きれ痔(裂肛)」、「アナ痔(痔瘻)」が肛門の病気として9割を占めているので、通常に痔を言えばこの3タイプをさします。また、痔の病気で男女では、発症する痔の種類は異なっています。女性の場合は、便秘がちの方が多い為に、どうしてもおなかに力を入れがちになるために「きれ痔(裂肛門)」が多く、男性の場合では、下痢になりやすい体質であることと、排便時の力が強い為に「アナ痔(痔瘻)」になりやすいそうです。

タグ :

体臭予防と入浴

体臭を予防するには、まず清潔を保つことが大切です。
体調が悪くてお風呂に入れない場合はともかくとして、入浴を面倒がってお風呂に何日も入らずにいると、体中からいやな臭いがしてくるのはあたりまえです。

病気や怪我のために入浴できないときでも、お湯に浸したタオルなどでからだを拭くとよいですね。
さっぱりとするだけでなく、血行にもよいです。そのとき使うタオルに、ハーブやレモンの香りをつけておくのも、体臭を予防するのに効果があります。タオルを浸すお湯は、熱めのものを洗面器に用意し、そこにハーブの精油やレモン汁を数滴垂らすとよいでしょう。
ハーブやレモンの抗菌効果や消臭効果は、からだがさっぱりとし、香りの効果で気分もリフレッシュできます。

体臭に悩む人もそうでない人も、入浴はからだと心をリフレッシュするための大切な時間です。

テーマ : 女性の悩み解消しましょう! - ジャンル : ヘルス・ダイエット

タグ : 体臭

口臭予防

口臭には1日の中でも特に気になってしまう時間があります。いくつかポイントを挙げますので参考にしてみてください。

1.朝起きた直後
朝起きた直後は、口の中が乾燥している上に唾液も粘ついた状態ですので口臭が特に強く発生します。

2.空腹における口臭
空腹状態になると、血液中にある代謝産物が影響して口臭が発生すします。特に朝食を抜いた場合には昼食前にかなり臭いが発生してしまいます。昼食前と夜食前の空腹時間は口臭が強く発生してしまので、おやつを少し食べるなど、注意するとよいでしょう。

3.緊張時における口臭
緊張したときや、興奮したときは口の中が一瞬で乾いてしまいます。口の中が乾いてしまうと唾液の分泌も止まってしまし、唾液の量が低下すると口臭が発生してしまうと言う悪循環になります。

口臭を防ぐために歯磨きをすればじょうとうのでは?と思って何回も歯磨きをしてしまう人がいますが、歯磨きをしすぎることによって知覚過敏になったり、歯自体が弱くなってしまって虫歯になりやすくなったり、コルゲートに入っている成分から口の中が乾きやすくなったりして口臭が発生してしまう事があります。

歯磨きは1日に2回が適当な回数です。朝磨くのは口中に増殖した細菌を洗い流すために、夜は細菌を寝ている間に増殖させないために磨きましょう。

タグ : 口臭

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。