FC2ブログ

早漏対策パンツ

GPPは履くだけで『黄金のペニス』を作れるパンツです。

GPPはゴールデン・ペニス・パンツの略
早漏や短小で悩む多くの男性を救うために登場したGPPは、普通に履き続けるだけで自然と悩みを解消でき、自信あふれる黄金のペニスに返信させる夢のようなパンツなのです。

GPPの秘密はパンツの裏側にあるザラザラの布
GPPの裏側の布に普段からむき出しのペニスをこすり続けることで、摩擦に強い長持ちペニスを作ることができ、また常にペニスが刺激されていることから男性ホルモンの分泌が活発となり、「ペニスが大きくなった」という喜びの声が続々と寄せられている。

GPPはデザイン優れた黒のボクサータイプ
GPP以前の高機能パンツはデザインが最低でしたが、このGPPは人前でパンツになっても違和感の無い黒のボクサータイプのパンツですから、イザという時にも慌てる必要がなく、安心して着用できます。

【使用方法】
① 親指と人差し指とで包皮をはさみ、陰茎根部の方へ、ゆっくりと後退させるようにむき、亀頭を露出します。
② パンツの中に仕込まれいるリングを使用して亀頭露出を維持します。
③ リングの大きさを調節できるので自分の大きさに合わせて調節します。
パンツとリングが一体となっていますので、紛失の心配はありません。
外見からはまったく普通のトランクスと同じです。

むき出しの亀頭があたる部分に麻素材の布(ざらざらしている)を使用しています。
通常のパンツよりきつい摩擦が包茎のため刺激に弱かった亀頭を強化し、早漏を治すことができます。

【サイズ】
胴囲M76~84cm L84~94cm LL94~104cm
色 ブラック


スポンサーサイト



お金をかけないで早漏を克服する

早漏の悩みがある男性は次のような願望を持っていると思います。

1.改善して、女性を満足させたい
2.早漏を克服・防止して、セックスを心から楽しみたい
3.克服して、男性としての自信を取り戻したい
4.早漏治療をいろいろ試したが、克服・効果・解消できない
5.早漏と言う、コンプレックスをなくして、恋愛を楽しみたい

そもそも早漏とは?

早漏とは、パートナーとなる女性の満足の有無や性器の刺激時間の長短にかかわらず、
男性がオーガズムに達する前に射精してしまうこと、すなわちオーガズムと射精の順番が入れ替わることを示す言葉だったが、現在その意味で使われることはほとんどない。

お金をかけないで早漏を克服する一般的な方法をご紹介します。

早漏を精神的コントロールで克服する

早漏は精神的要素に起因する場合が多いので、自分の気持ちをコントロールして早漏を克服します。
性交中に悲しい出来事を思い出したり、難しいことを考えたり、射精欲を紛らわせることが目的となります。
例えば、セックス中に数を数えたりなどしてセックスによる興奮を紛らわすわけですが、これってセックスを楽しむことを避けるわけですからさみしいですよね。

オナニーで早漏を克服する

オナニーによって早漏を克服する方法はよく知られています。射精しそうになったら勃起を収め、勃起が収まったらオナニーを再開する。
このサイクルを繰り返すことにより、射精までの時間を徐々に延ばしていきます。ただし、この方法はあまり過剰に行うとオーガズムに達しても射精できなくなります。程よくオナニーによる早漏克服を実践しましょう。

早漏防止用コンドームを使用する

ちまたでは、よくコンドームを2枚重ねにすると早漏を防止できるってよく聞かれますよね。厚めのコンドームを使用したり、2枚装着することにより、早漏防止に多少の効果は見込めます。ただ、快感は半減しますのでこれもセックスを楽しむ観点からはさみしいですよね。
早漏克服の根本的な解決にはなりません。

タグ : 早漏

早漏について

早漏で悩んでいる男性は意外と多いようです。
早漏は、包茎による刺激への過敏、慢性尿道炎、前立腺の慢性的な炎症など器質的なもの 精神的なもの又は性行為に不慣れなとき興奮して早く射精してしまう。多くの場合は、精神的なものが原因と言われていますので、まず自分が早漏だと思う方は早漏を克服する自信をつける必要があります。
また早漏を気にして無理に我慢すると射精が正常に行われなくなる可能性があるので注意しなければなりません。

早漏の原因はペニスの過敏症ではありません。早漏の本当の原因は興奮をコントロールできないことなのです。
射精は、肉体的な快楽と精神的な快楽の2つの興奮によっておこる現象なのです。オナニーなど、自分一人でおこなう行為の場合、冷静に自分を見ることができるので精神的な興奮をコントロールすることができます。セックスだと女性の顔が見えるなど自分一人ではない事がコントロールできない原因です。

脳が興奮するのには3つの原因
1 知識不足による恐れや不安
2 先入観
3 女性や性交渉に対する恐れや不安

これらの3つが原因で、脳が興奮してしまい「射精の時間が短く」なってしまうのです。
射精をコントロールしたいのであれば、この性的な興奮をコントロールできるようにならなければいけないということが最大のポイントになります。

ただ、セックス中に女性の裸を前にして、精神をコントロールするなんて難しいですよね。そこで、早漏防止グッズがあるわけです。
しかし、統計では、自分を早漏だと思い込んでいる男性は、全体の50%以上にのぼっています。つまり、男性の側で、勝手に早漏だと思い込んでいるケースが多いのです。相手の女性側に特に不満がないのであれば、何も気にすることはありません。

早漏対策は、パートナーへの思いやりですから、恥ずかしがらずに行動に移すことが大切です。

タグ : 早漏